花粉-鼻炎-アトピー症状を改善するエヌプラス成分-みかんと乳成分

みかん果皮のノビレチンと牛乳のラクトグロブリン-エヌプラスの力

エヌプラスを生んだ愛媛大学農学研究院-菅原卓也-教授の顔写真

ミカン果皮の【ノビレチン Nobiletin】と牛乳の【β-ラクトグロブリン β-Lactoglobulin:β-LG】は、機能性研究の結果、免疫細胞内のシグナル伝達に同時に働きかけることで、【脱顆粒】を伴う【アレルギー症状の発症】を効果的に抑制することが明らかになりました。 (愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センター菅原卓也教授の研究)

この作用の結果は、アレルギーによるくしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状が抑えられる、いわゆる花粉症による【自覚症状の緩和】として表れます。

化学合成ではないエヌプラスは天然自然の素材から作られている

おすすめのN+商品はこちらのリンク

花粉症|ハウスダストによる通年性やアトピー性の炎症発生

1型アレルギーが生じるメカニズムとはどんなものかを説明します

 体内 の 免疫細胞 が、花粉などのアレルギーの原因物質(【 抗原 】)を初めて検知(【 感作 】)すると、
【抗体(IgE)】が産生され、異物として記憶されます。
同じ【抗原】が再び検知されると、この記憶に基づいて【肥満細胞(顆粒細胞)】が活性化し、【細胞内の顆粒】が細胞外に放出され(【脱顆粒】)て、顆粒中のヒスタミン(炎症原因物質)が体内へ分泌されます。
このような、【IgE】によって引き起こされる炎症などの一連の反応は、Ⅰ型アレルギーと呼ばれます。

つまり花粉症とは、体内に侵入しようとする花粉(異物)を追い出すための正常な免疫反応(くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど)が、粘膜や皮膚で過剰に引き起こされる現象です。

ノビレチンとラクトグロブリンが脱顆粒にどこで作用するかの図

おすすめのN+商品はこちらのリンク

ノビレチンとラクトグロブリンが効くNプラスのメカニズム

脱顆粒を抑制する ノビレチン と β-LG の相乗効果

少し専門的な話として、花粉症においてやっかいな【脱顆粒】反応の詳細と N+成分の関係を解説します。

【感作】によって作られた【IgE】は、【肥満細胞】表面の分子と一体化しており、細胞表面上の【IgE】が【抗原】をキャッチする、即ち異物の再侵入を検知した時には、表面分子の形に変化が生じて表面の裏側、すなわち細胞内に刺激が伝わります(細胞膜表面受容体分子のリン酸化)。これが始まりの合図となって、それまで働いていなかった【肥満細胞】内の《経路1》や《経路2》の分子が連鎖反応的に活性化し、【脱顆粒】を引き起こす刺激(化学変化)が細胞内に伝わりはじめます。

《経路1》
 活性化されたSYKを皮切りに、一連の分子が順次に活性化され、PI3K、AKT分子が活性化する形で刺激が伝達されます。刺激はさらに伝わってしまい、最終的には細胞内の構造が変化することで【脱顆粒】が生じます。

《経路2》
 また、途中でPLCγ(ガンマ)分子にも刺激が伝わるために、これがDAG、IP3分子などにも刺激が伝播してしまい、最後にPKC分子が活性化されるとともに、細胞質内のカルシウムイオン(Ca2+)濃度が上昇することにより、【脱顆粒】がさらに促されます。

これらをまとめるとアレルギー反応のうち、【IgE】と【肥満細胞】によって引き起こされる【Ⅰ型アレルギー】は、異なる二つの経路で免疫細胞内を刺激が伝わってしまうために、最終的には同じ【脱顆粒】が生じて炎症などを起こす(発症する)というものです。

ここで、二つのN+成分、ノビレチンは、このうちの 経路1(Fyn-Gab2-PI3K)を、β-LGは、もう一つの 経路2(Lyn-Syk-PLCγ)をそれぞれ異なるターゲットとしてブロックし、刺激の伝達を効果的に抑制します。

同時に摂取した二つのN+成分、すなわちノビレチンβ-LGがそれぞれ別々の経路、ポイントで【脱顆粒】を生じる刺激の伝達を抑制するため、より強く、より効果的にアレルギー症状の緩和効果を発揮する、
それがN+のチカラなのです。

免疫応答をノビレチンとラクトグロブリンが別経路で制御している図

エヌプラスの成分が免疫を細胞内で制御してヒスタミンをとどめる図

ノビレチンβ-LGは、【脱顆粒】を生じる【肥満細胞】内の刺激(化学変化)が伝わる二つの経路で、それぞれが異なるターゲットに働きかけます。この働きによって、炎症物質ヒスタミンの放出がより一層抑制され、炎症の発生が緩和されることが期待できます。

ノビレチンβ-LG、クスリではない天然の食品成分をそれぞれ単独にではなく、同時に摂取することでより強力な作用を発揮することが示され、二つのN+成分の同時摂取の有効性は科学的に証明されています。

空白

ノビレチンと乳清タンパクによる臨床試験データのタイトル

愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センター菅原教授のもとでおこなわれた、マウスやヒトを対象にした研究データでもノビレチンβ-LGの同時摂取の有効性が示されました。

花粉症になったマウスをNプラスで改善した効果のタイトル

スギ花粉症アレルゲンを投与した花粉症のマウスに、【温州みかん果皮と乳清タンパク】を経口投与したところ、くしゃみの回数が顕著に緩和され、動物実験においてその効果が示されました。

花粉で誘発させたくしゃみを抑制するエビデンス-フローの説明

ミカンと乳清-成分によりくしゃみ回数が激減したN+データのグラフ


【温州ミカン果皮】、【乳清タンパク】は単独摂取でも一定の効果がみられました。

ただし同時摂取した場合は、同じ成分をそれぞれ単独摂取した場合との比較で、くしゃみの回数がさらに減るという相乗効果が認められました。

ヒトの臨床試験でもNプラスの成分が有効だった

スギ花粉アレルギー既往者の方に、【ミカン果皮】【乳清タンパク】含有食品を1日1回2週間摂取してもらい、スギ花粉抗原を目に点眼し、アレルギー性結膜炎を誘発する臨床試験を行いました。ここでは、自覚症状が大幅に改善する結果が示されました。

花粉が誘発した炎症を-ミカンと乳清-成分のN+で緩和した試験結果

ノビレチンとラクトグロブリン-N+-で自覚症状の緩和に有効

アレルギー症状のある方14人にノビレチンβ-LG含有食品を2週間摂取して頂いた結果、眼の症状が摂取前と比べ摂取後では改善するという結果が得られました。

ゼリー摂取の継続により鼻と目の症状がN+で改善する効果があった

アトピー性皮膚炎マウスの症状がNプラスで改善したグラフ

アトピー性皮膚炎(花粉症と同じⅠ型アレルギーを一部含む)を誘発したマウスに【ミカン果皮】と【乳清タンパク】を同時に経口投与した結果、対照と比較して、炎症緩和効果が示されました。

誘発した皮膚炎とアトピーをN+が抑制するエビデンス-フローの解説

アトピー性皮膚炎マウスの症状がNプラスで改善したグラフ

おすすめのN+商品はこちらのリンク

ノビレチンとラクトグロブリンが相乗効果で作用するエヌプラス

エヌプラスの成分は花粉症-鼻炎-皮膚炎を脱顆粒の制御で緩和します

おすすめのN+商品はこちらのリンク

花粉症お役立ちリンク

食品健康科学センタ内研究室画像-無菌操作

おすすめのN+商品はこちらのリンク

N+技術に関する論文のご紹介

【論文】

●2017年 ・Hara Y., Shiraishi A., Sakane Y., Takezawa Y., Kamao T., Ohashi Y., Yasunaga S. and Sugahara T.: Effect of mandarin orange yogurt on allergic conjunctivitis induced by conjunctival allergen challenge., Invest. Ophth. Vis. Sci., 58, 2922-2929, 2017. [PubMed 28593244] 
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28593244

●2016年 ・Yasunaga S., Kadota A., Kikuchi T., Kubo C., Nishi K. and Sugahara T.: Effect of concurrent administration of nobiletin and β-lactoglobulin on the symptoms of Japanese cedar pollinosis models in mice., J. Funct. Foods, 22, 389-397, 2016. [ScinceDirect] 
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464616000578

・Yasunaga S., Domen M., Nishi K., Kadota A. and Sugahara T.:Nobiletin suppresses monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) expression by regulating MAPK signalling in 3T3-L1 cells., J. Funct. Foods, 27, 406-415, 2016. [ScinceDirect]
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464616303036

●2014年 ・Onishi S., Nishi K., Yasunaga S., Muranaka A., Maeyama K., Kadota A. and Sugahara T.: Nobiletin, a polymethoxy flavonoid, exerts anti-allergic effect by suppressing activation of phosphoinositide 3-kinase., J. Funct. Foods, 6, 606-614, 2014. [ScienceDirect]
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464613002995

・Nishi K., Teranishi M., Yasunaga S., Iitsuka M., Matsumoto S. and Sugahara T.: The major whey protein β-lactoglobulin inhibits IgE-mediated degranulation of RBL-2H3 cells and passive cutaneous anaphylaxis in mice., Int. Dairy J., 39, 89-95, 2014. [ScienceDirect] 
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0958694614001034

【総説】

・「ミカンの皮とヨーグルトの組み合わせは花粉症の症状を一掃する」, 安心 2月号, 36(2), 94-98, 2018.

・「あなたの暮らす街の特産品が秘めたチカラをどれだけ知っていますか エントリーNo. 49 愛媛県 温州ミカン」, 健康365 9月号, 14(9), 160-161, 2017.

・「ミカンの皮に豊富な特効成分で花粉症の目のかゆみを撃退 丸ごとミカンスムージー」, わかさ 5月号, 28(9), 63-64, 2017. ・「産学官連携における機能性食品開発」, 学術の動向, 22(2), 56-58, 2017.

・「ミカンの皮+飲むヨーグルトの相乗効果」, 現代農業, 96(3), 190-193, 2017.

・「愛媛の柑橘果皮を活用した機能性食品開発」, 地方創生に関わる生物工学の取り組み ー日本各地の活動とネットワークの必要性ー, 日本生物工学会編, 58-60, 2016.

・「愛媛大学における機能性食品開発」, 栄養教諭, 45(10), 42-45, 2016.

・「ミカン果皮の機能性と商品開発」, 食品と開発, 51(10), 64-66, 2016.

メディア掲載情報

このN+エヌプラスの情報は健康産業クロレラ本社がお届けします。

PAGE TOP

copyright © 株式会社クロレラ本社 right reserved.